熱中症予防対策コース & 応募フォーム

※応募フォームはこのページ下部にあります。

最高気温が高い日ほど、熱中症による救急搬送人員数が多い!

最高気温(赤色の折れ線グラフ)が高い日ほど、熱中症による救急搬送人員数(青色の棒グラフ)が多いことがわかります。
また、気温だけでなく湿度が高いと熱中症になるリスクも高くなり、予防の対策が必要です。

総務省消防庁「熱中症による救急搬送人員に関するデータ」と気象庁の気温データより、京都府地球温暖化防止活動推進センターにて作成

熱中症警戒アラートや暑さ指数を確認!

熱中症警戒アラートや暑さ指数を確認して、熱中症リスクの高い日はしっかり対策を!

環境省熱中症予防情報サイト(※)
https://www.wbgt.env.go.jp/

※暑さ指数(WBGT)の情報提供及び熱中症警戒アラートの情報提供(4/28~10/27)

熱中症予防対策について、くわしくは京都府のページをご覧ください。

京都府熱中症予防対策ページ
https://www.pref.kyoto.jp/tikyu/adaptation/heat_stroke_main.html

暑さ指数(WBGT)が「28」を超えると熱中症にかかる人が増加します!

京都府ホームページ「熱中症予防対策(暑さ指数)」より

熱中症警戒アラートが発表されたら…

京都府ホームページ「熱中症予防対策(熱中症警戒アラート)」より

熱中症予防対策宣言コースの概要

アンケートに答えて、熱中症予防対策宣言をした方が対象です。

※京都府にお住まいの方が応募可能

景品 警報音付き温湿度計
当選者 合計10名
  • 応募は、お一人様1回のみ有効(複数応募しても1口応募となります)。※添付書類は不要

応募フォーム

    送信内容の確認

    内容を確認して送信ボタンを押してください。
    送信が完了した場合、入力いただいたメールアドレスへ、受付番号と、このフォームの送信内容を確認のためにお送りします。
    「@kcfca.or.jp」を受信できるように設定の確認をお願いします。

    アンケート

    【1】夏場のエアコン使用について、当てはまるもの全てを選んでください。(必須)

    【2】暑さ指数(※)について(必須)


    (※)暑さ指数(WBGT=温度・湿度・放射熱を組み合わせて熱中症の危険度を判断する数値)

    【3】令和3年から熱中症警戒アラート(暑さ指数の予測が33以上になるときのお知らせ)が運用されることを(必須)

    【4】熱中症予防対策について、あなたが普段しているものに◯を、していないものに✕を記入してください(必須)

    エアコンを適切に使用する


    温度計等で、室内の温度や湿度(WBGT)を確認する


    天気予報等で、最高気温や外気温を確認する


    熱中症警戒アラートを確認する


    暑い日は過度な運動を避ける/こまめに休憩する


    屋外で人と十分な距離を確保できる場合はマスクをはずす


    のどが渇く前にこまめに水分を補給する


    暑い時は周りの人にも熱中症対策の声掛けをする


    直射日光が室内に入らないようにする(すだれ等)


    高断熱の建物(外気との熱の出入りが少なく冷房効率が良い)に住んでいる


    熱中症予防対策宣言

    送付・連絡先【すべて必須】

    その他

    本キャンペーンをどこでご存じになりましたか?(1つ選んでください)(必須)

    ※応募内容に不備があった場合は当選の対象外となります。応募内容に間違いがないか十分ご確認のうえ、送信をしてください。

    ご応募いただきありがとうございました。
    入力いただいたメールアドレスに受付番号をお送りしています。
    当選者の発表は、景品の発送をもって代えさせていただきます。
    なお、省エネや熱中症予防対策に関する資料を送付させていただく場合がございますのでご了承ください。

    ページの先頭へ